Blogブログ

  • 2020年09月05日

    “ブライダル”の語源って知ってる?

    “ブライダル”
    馴染みのあるこの言葉。

    結婚式や結婚を指す言葉として広く使われていますが
    この言葉・・・実は、造語なんです!

    「ブライダル」という言葉は、
    花嫁を表す単語“bride/ブライド”と
    エールビールの“ale/エール”が組み合わさった造語として生まれました。

    中世の英国で作られていた伝統的な“エールビール”
    作るのは主に女性で、主婦がつくる自家醸造が盛んだったようです。

    当時英国では、とても神聖な飲み物でした。
    神聖な飲み物だったエールビールは、婚礼の場でも用いられ
    結婚式では、「花嫁が作ったビール」が“おもてなし”として振る舞われました。

    そこから、ブライド・エール。「ブライダル」の語源となりました。

    花嫁のおもてなしから始まった“ブライダル”
    ちょっとした豆知識としてご紹介しました♡

    ザ・パシフィックハーバーでは、エールビールを含む
    世界のクラフトビールが楽しめる
    「クラフトビールビュッフェ」もおすすめです。

    新郎新婦様のこだわりたいことの一番は
    【ゲストへのおもてなし】

    その一つとして、いろんなビールを選ぶ楽しみも味うことができ、
    [新しい生活様式]にも対応したこちらの演出も人気です♪

    ぜひプランナーにご相談ください♡

PAGE TOP