Conceptコンセプト

Sailing into Happiness
ようこそ、
ザ・パシフィックハーバー
という名の豪華客船へ。

徳島市のシンボル「眉山」を望み、
ヨットハーバー「ケンチョピア」に
隣接する
スタイリッシュな建物、
ザ・パシフィックハーバー。
エントランスに一歩足を踏み入れれば、
ハーバーに停泊している豪華客船へ
乗り込んだような特別な空間に包まれる。
ここは、徳島にいながら大切な方と
ともに豪華なクルージングの
雰囲気を味わえる場所。
テーマは、sailing into happiness。

爽やかな風を感じるテラス。
客船を思わせる調度品、
アーティスティックで知的好奇心を
くすぐるアートワーク。
美しい料理、こだわりの飲物。
どれをとっても心躍る
非日常のひとときを、
徳島のザ・パシフィックハーバーで。

空間

  • 空間画像
  • 空間画像
  • 空間画像
  • 空間画像
  • 空間画像
  • 空間画像

すべてのフロアに惜しみなく、
インスピレーションと技術の結晶とも
いえるモダンアートをほどこし、
ここ徳島にしかない優美で贅沢な
クルージングを演出。
知的好奇心をくすぐる
アートワークが語りかけてきます。

料理

料理画像

テーマは、ART×FRENCH。

口の中からひろがる確かな満足感。
絵画のような料理は、
見た瞬間にため息が出るほどの美しさ。

飲物

飲物画像

ワインセラーにズラリと並んだ
ワインたちが、選ばれるときを
待っています。
ドリンクにこだわり、
ワインを味わい尽くす。
ザ・パシフィックハーバーでは、
飲物も料理と並ぶ主役なのです。

プロフェッショナル

プロフェッショナル画像

「本物」を求め続ける

最高の時間をお過ごしいただくために、
スタッフのサービスは「本物」で
なければならない。
サービスを一生の仕事と考える
覚悟から生まれる一流のサービスが、
ザ・パシフィックハーバーで過ごす
心地よい空間を生み出しています。

施設

  • 施設画像
  • 施設画像
  • 施設画像
  • 施設画像
  • 施設画像
  • 施設画像

航海をイメージさせる
羅針盤が印象的な1Fロビー。
優美ならせん階段を上がると、2Fには
「CRUISE」と「SEA」の言葉を重ねた
ハーバーサイドらしい名前の
[CRUISEA(クルージア)]。

3Fには、2つのバンケットホール
[AUTHENTIA(オーセンティア)]。
ゲスト専用のホワイエは、
品格ある調度品が一層華やかに。
豪華客船でのパーティーが
繰り広げられるような
ラグジュアリーな空間です。

ロケーション&アクセス

ロケーション&アクセス画像

ザ・パシフィックハーバーの
目の前に広がるヨットハーバー。

水都とくしま(徳島)を象徴する新町川、
その河口付近は「ケンチョピア」として
ヨットやプレジャーボートが
停泊しています。
すべてのバンケットとチャペルから
ハーバーサイドの景色を臨めます。

PAGE TOP